マカは南米ペルー原産のアブラナ科の植物で、標高4000〜5000mの高地の非常に過酷な環境の中で生えています。
学名を「レピディウム メイェーニ  ワルプ」というアブラナ科に属し、アンデスの海抜4000メートル以上の高地、フニン県で栽培されている植物です。

マカの歴史は非常に長く、特権階級の人々の食物として重宝されていたと伝えられています。

マカはインカ帝国時代から重要な食物として栽培され、強烈な紫外線と酸性土壌、昼夜の温度差の激しい過酷な自然環境に育つ。土壌の栄養素を満遍なく吸い取るため、一度マカを栽培した土地は数年間不毛になるといわれる。種まきの時期は10 - 11月、収穫は1年後の6 - 7月、収穫後は3か月以上強烈な太陽光線のもと天日乾燥する。乾燥したマカの根は7年もの年月の貯蔵に耐えることから、保存食としても用いられる。栽培地はフニン県ボンボン高原など標高4000から5000メートルの高地が適する。
約2000年前にすでにアンデス高地で栽培されており、インカ帝国の時代には特権階級の食べ物として珍重され、戦勝をあげた兵士への褒賞として与えられたという研究もある。現地ではマカを「アンデスの人参」と呼び、 滋養食として現地の代表的な家畜であるリャマと少量のマカが取引されていた。現在マカは、原産国であるペルー政府の貴重な外貨獲得資源となっており、マカそのものをペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されている。

日本では、1990年に大阪で開催された『国際花と緑の博覧会』でペルー政府が紹介したのが初めてである。その後、1997年11月、当時はペルーの日系法人であったコペルニックス・ジャパン(現在は日本法人でラティーナ)が健康食品としてマカを紹介した。翌年、当時のペルー大統領であったアルベルト・フジモリが来日し、マカを含むペルーの特産品の紹介に努めた。2001年5月10日、TBS「回復!スパスパ人間学」、2003年1月2日、日本テレビ「世界仰天グルメ特捜スペシャル」でマカが紹介され、一般に知られるようになる。統計によると、2003年から2006年にかけて、日本はマカの対輸出国としてアメリカ合衆国についで第2位の座をキープしており、ペルー国内のマカ輸出商社計120社あまりのうち、約40社が日本と取引を行っている。現在は、日本の薬局・ドラッグストア・通信販売等で多くのマカ加工食品が売られている。

詳しくフリー百科事典「ウィキペディア」のページをご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AB

産地 南米ペルー

内容量 100g


  • 格安ペルー原産天然マカ
  • 格安ペルー原産天然マカ

格安ペルー原産天然マカ

1,500円(税込)

購入数

カテゴリー

モバイルショップ